スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョウ ニホン へ カエル

  • 2010/11/25(木) 00:52:43


DSC_0355.jpg

バンコクから2時間、今トランジットでホーチミンの国際空港にいます。

そして日付変わって本日の朝、日本へ一時帰国です。




チェンマイから帰ってきてバンコクでは1泊しただけだけど、
旅先で出会った友達との再会などもありとても楽しい時間を過ごせた(^ω^)♪

折角の再会なのにゆっくり話す間もないまま出発しなければならないのはほんと悲しいっ!!

今後の予定がなければチケットを破り捨ててもうちょっとバンコクにいたかったよぉ~(;∀;)




最後の最後までほんまに面白かった♪

DSC_0352.jpg

見送ってくれたみんな、ありがとうね~!





一時帰国するだけなのに旅が終わったみたいで凄く切なくなってしまった。

旅はまだまだ続きますので今後とも宜しくd(・∀・)b





とりあえず、搭乗時刻まで約2時間、スペイン語の勉強でもしよう・・・。

アスタ ルエゴ~  アディオス!!




                ---------- 第一章 終幕 ----------


スポンサーサイト

ロイクラトン

  • 2010/11/24(水) 16:06:07

今まで旅中にいくつかのお祭り遭遇したけど
どれも”楽しい”という感覚だけだった。


だけどロイクラトンは違った。




11月18日から22日にかけてチェンマイの街はお祭り騒ぎ。
街中花火や爆竹の音が鳴り響いている。
満月の日、21日に向けて日に日に盛り上がり上がっている。


ロイクラトンはタイ全国で祝われるお祭りで、チェンマイやスコータイなど北部では
コムローイと呼ばれる熱気球を夜空に放ちます。


チェンマイ在住のご夫婦にロイクラトンで有名なメージョー大学の会場へ連れて行ってもらいました。




DSC_0090.jpg

私達もコムローイを購入し


DSC_0127.jpg

火をつけじっくり時間をかけて空気を暖めて膨らまし


DSC_0129_20101124153522.jpg

願いを込めて空へと放つ





DSC_0103.jpg

下に花火がついたバージョンのコムローイなんかもあります


DSC_0105.jpg

手を離すとフワフワと上昇するコムローイにキャッキャしてしまう(^ω^)♪





DSC_0164.jpg

メージョー大学ではたくさんの人が集まって


花火の合図と共に一斉にコムローイを放ちます。



DSC_0150.jpg

ゆっくりと風の流れにのって飛んでいくコムローイは天の川みたいで


DSC_0165.jpg

その光景は幻想的で久しぶりに鳥肌が立つほど”感動”した。





ロイクラトン@チェンマイ
2010/11/20
興奮してますw
※音量注意







DSC_0266.jpg

次の日は宿のみんなでピン川に行きコムローイにお願い事を書いて



DSC_0272.jpg

DSC_0275.jpg

川沿いで飛ばしたり




DSC_0279.jpg

バナナの葉などで作られた灯篭に火をつけて

RIMG0564.jpg

お願い事をしピン川へ流します。




DSC_0332_20101124155354.jpg

ロイクラトンはアジアの旅の最後を飾るにふさわしいお祭りでした.。゚+(・∀・).。+.゚



本当はお祭りに行くつもりがなかった私をチェンマイにおいでよと誘ってくれたみわちゃん。

メージョー大学に誘ってくれた まみりん&ゲンちゃん夫妻。

そして Thai way guest house で出会った皆様ありがとう御座いました♪




また来年も行きたいよっ~!

潮風を頬にうけ裸足でかけてく~♪

  • 2010/11/23(火) 09:21:30


チェンマイからクネクネ山道約3時間。



タイの北にあるパイという田舎町に来て数日が経ち

ようやくこの”不思議の島のフローネ生活”にも慣れてきたところ。




DSC_0061.jpg

今まで色んな宿に泊まってきたけど、こんなにワイルドな宿は初めて。


DSC_0065.jpg

町から少しはなれたこの場所はまさにロビンソン漂流記。
子供の頃フローネの木で出来た家はちょっとした憧れだった。



凄い場所にあるので当然虫などの住人もたくさんいます。

蚊・カエル・ヤモリ・ナメクジ(3~8㎝)・カタツムリ
ジャングルにいそうなおしりが異様にでかく原住民が食べる(お尻を噛むとレモン味)蟻みたいな大群も


P1050986.jpg

なんとサソリも発見(・ω・;)




DSC_0053.jpg

でも何故かこの手作り感満載の宿はとっても落ち着き

川の音や鳥の鳴き声が聞こえてきて居心地は良い。


DSC_0056.jpg

しかし掛け布団は何故かリアルスーパーマンw ハイカラさん!






DSC_3350.jpg

夜はみんなで鍋したり


DSC_3359.jpg

リス族のおばちゃんがきてくれてご飯を作ってくれたり。

DSC_3367.jpg

宿の庭で料理に使う空心菜を摘みだすリス族のおばちゃん。





DSC_3326.jpg

宿は町外れにあるが中心部は意外と観光地化していてナイトマーケットも充実している。


DSC_0032.jpg

でかすぎるタコ焼きに


DSC_3328.jpg

激レア!アラレちゃん帽子もあるよ♪






DSC_3420.jpg

バイクをかりて少し走るとそこはもう自然があふれています。


DSC_3440.jpg

リス族の村。


DSC_3462.jpg

ガチョウ?と子供。


DSC_0006.jpg

夕日もキレイ◎ 空気もキレイ◎




DSC_3355.jpg

ここからバイクで20分ほど走ったところに日本人コミュニティーの村”MOON VILLAGE”があり
そこに住んでいるあぼちゃんとお友達になりました。

ちなみに2012年12月1日から祭りがあるそうですよ~。
開催期間はなんと108日間ですw



のんびり生活ももうちょっと堪能したかったけど、お祭りがあるのでチェンマイへ帰りまーす!

BBQ in BKK

  • 2010/11/06(土) 11:51:12


DSC_2684.jpg

旅人やタイに住んでいる人、日本語を習っているタイ人など集まってBBQをしました。




DSC_2680.jpg

今タイに住んでいるAKさんはいろんな国を周って今年の春くらいまで南米も周っていたので共通の友達とかいるかも?!




DSC_2685.jpg

AKさんが作ってくれたタイ料理。
美味しかった~ごちこーさまでした♪




DSCF2795.jpg

みんないい笑顔♪
久しぶりに二日酔いになるくらいまで飲み美味しいものも食べれてほんと幸せ~(^ω^)








今回はお寺や観光、川さえも見ていないたった5泊のバンコク滞在だったけどめっちゃ楽しかった。




DSC_2645.jpg

去年オーストラリアで出会った友達と再会してヘナを描いて遊んだり。





DSC_1 (4)

今バンコクでムエタイの練習をしている男の子に(※もち左側)



DSC_1 (3)

お化粧して



DSC_1 (5)

女装させて



DSC_2793.jpg

女豹のポーズさせて写真撮影会したり。




毎晩みんなでご飯食べに行ったりポイ練習したり・・・。







もっと滞在したかったけど、これからちょっとラオスに行ってきます。



DSC_28.jpg

ラオス行きのバスも友達が協力してくれたのでポールポジションをゲットすることができました♪
おかげ様で足を伸ばせてぐっすり眠ることができた(^ω^)



バンコクとっても楽しかった! 皆様どうもありがとう(´ω`)





それと帰国のチケットを購入しました。

11月25日に一時帰国しますよぉ~(・∀・)

私は元気です。

  • 2010/11/04(木) 12:24:32

海外保険って前回の旅でも使ったことがなくって

インド・ネパールでも風邪をひいたくらいで使わなかった。



でも初めてタイで使ったよ。

病気が発祥しちゃったんだ。。。

2日くらい様子をみてたけどなかなか治る気配がなくって、これからラオスの田舎に行くし症状がもっと悪化したら困るし(´・ω・`)

だから病院に行ってきた。






医師に「・・・感染症です」って言われた。

ショックだった・・・。

だってこの病気になったの10年ぶりくらいやし、一回なると癖になるって言うし・・・。









お母さん、私はメバチコ(通称:ものもらい)になってしまいました。


でも病院にいって飲み薬(たった2日分)と目に塗るクリームを貰って飲んだら速攻治りました。

だから安心してくだい。

以前と変わらず今もピンピンしています。

だからお母さんもお体にはお気をつけて、どうぞお元気で。



追伸、この程度で病院にいくのは恥ずかしかったですが、たかがメバチコされどメバチコ。
   海外保険はやっぱり入っておくべきですね。







タビムービー
タビ フォト
チキュウクルリン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。