スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合戦

  • 2011/12/07(水) 20:42:24


到着したムアンシンの村はなーーーーんもない。


200mほどのメインストリート。といっても特に何も無い。

メインストリート以外の道路は未舗装で車が通るたんびに砂煙を撒き散らす。



ここの村の周りにはアカ族やモン族、タイヌア族など沢山の民族の集落があちこちにあって

ムアンシンで朝にマーケットが開かれるので村からみんなやってくる。


タイヌア族のおばちゃんたちはその民族の布などでこしらえた鞄や服、衣料品を売っていて観光客がきたらここぞとばかり一斉に押し売りを始める。

私もターゲットにされ私一人に対して6人ぐらいのおばちゃんが群がり、囲まれる。



巻きスカートを手にとってちょっと見たとたん、みんな一斉に巻きスカートを持ってきて私の巻きスカートが一番素敵だから買えと順番ずつ私の腰に勝手に巻き始める。


今度はかわいいパンツがあったのでちょっと広げてみてみると、
やはり一斉におばちゃんたちが「パンタロン パンタロン」といってパンツを持ってきて私を囲む。


更にカワイイ布だなと思って手にしたのがたまたま赤ちゃんのだっこ紐だったらしく、
それを察知したおばちゃんたちは「ベビー ベビー」といいながらだっこ紐や子供用の服を持ち私の周りを囲む。
子供いません!!



ムアンシンはそこまでツーリストは多くないので押し売りの勢いは半端ない。
私の手を取って離さなかったり、腕をつかんで無理やり自分の売り場に連れて行こうとする。
しかも力強い。


私も買うつもりなんて全く無かったがおばちゃんたちの勢いに負けてついつい買ってしまった。

ボラれているのかもわからないけど、なんかとても楽しかったのでまぁいいや。




マーケットの帰り道に3人のアカ族のおばちゃんと目が合い呼び止められた。

そして道の真ん中でまた押し売り。


アカ族のおばちゃんにもうさっき買ったからお金ないよと買った品物をみせるとおばちゃんは
「タイヌア族の物なんて買っちゃダメだ!!」とキツクいわれた・・・。



アジアでしか味わえない独特な面白さだね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント一覧

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
タビムービー
タビ フォト
チキュウクルリン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。